うちゅうで!

エリマキトカゲ対話篇

クロニクル、

なんでもかんでも

言語化しなければいけない時代

言語が一番力を持っていると感じる

なんでかって

わかりやすいから

 

日本語を書いて

日本語を聞いて

日本語を話す

僕達日本人は

感情を共有しなければいけない強迫観念に囚われて

実際に体感すること思考することを放棄するために言語に頼ってんじゃないかと思う

 

ここに絵が在って、

テーマは何か、

この線はどういう意図で描かれているのか

なんて

なんでか説明が必要とされる

説明をして言語化したその絵を脳にインストールするんだろうか

絵を見て

かっこいいだとかかわいいだとかきれいだとか

無言になるとか

そこに抱く感情をそのまま感情として

脳の中にそのままその絵をインストールすればいいじゃないかと

画像を画像のまま保存する

画像を感覚のまま保存する

それって幼稚なことかしら

 

 

僕は言語化は苦手だ

感覚だけで生きてきた

それに不自由さはない

 

 ただ、

いつでも自由に言語を操れる人が強いことは確か

 

そして

時に言語化を強要された時

ものすごく残念に僕は思う

 

   *      *

 

作品を作る人がいて

その作品を解説したり解釈を加えてくれる人は別で存在してもいいい

作家とキュレーターという存在

別の視点

文章でなくポエムでステートメントをつくる人もいるんだと

 

クロニクル、クロニクル!に連れてってくれた方に教えてもらった

僕はあの空間

空気感がとても良かった

 

www.chronicle-chronicle.jp

   *      *

 

山田鰆が作った曲を聴いて描いた絵

それを動画にした

 

www.youtube.com

 

言語で感想を言うのがとても難しいから、

こうやって絵に描いて表現するんだっていうのもありでしょう?

 

いつもだいたいこんな感じ